シェイクスピアの名言

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

シェイクスピアの名言22選

ウィリアム・シェイクスピア(劇作家、詩人)
イングランドの劇作家、詩人。
「ハムレット」「オセロ」「リア王」「マクベス」「ロミオとジュリエット」など多数の傑作を残す。そんな彼が残した名言を幾つか紹介したいと思います。

成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。

備えよ。
たとえ今ではなくとも、チャンスはいつかやって来る。

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる。

今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。

おまえは、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。

賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。

言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する。

失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。

愚者は己を賢いと思うが、賢者は己が愚かなことを知っている。

人の傷を笑うのは、傷の痛みを感じたことのないやつだ。

望みなしと思われることもあえて行えば、成ることしばしばあり。

人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、
心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。
人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。

弱いものを救い上げるだけでは十分ではない。
その後も支えてやらなければ。

恋ってのは、それはもう、ため息と涙でできたものですよ。

恋は盲目で、恋人たちは恋人が犯す小さな失敗が見えなくなる。

ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。

求めて得られる恋もよいものだが、求めずして得られる恋のほうが、なおのことよいのである。

習慣も大事だが、なかには守るより破ったほうがいいものもある。

過ぎ去った不幸を嘆くのは、すぐにまた新しい不幸を招くもとだ。

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ。

人の成すことには潮時というものがある。
うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。

タイトルとURLをコピーしました