トーマス・カーライルの名言

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

トーマス・カーライルの名言

トーマス・カーライル(歴史家・評論家)
大英帝国時代を代表する著述家・言論人。
代表作は、『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』など。

信念は行動に移さなければ価値がない。

変化は苦痛だが、それは常に必要なものだ。

目標のない人間は、舵のない船のようである。

強い精神は常に希望を抱き、希望の根拠をもつ。

経験は最良の教師である。ただし授業料が高すぎる。

どんな確信も、行動に変わらなければ、価値は無い。

失敗の最たるものは、失敗した事を自覚しない事である。

もっとも恐ろしい疑念は、自分自身に対する疑念である。

健康な人は自分の健康に気がつかない。
病人だけが健康を知っている。

すべてのことにおいて、人間は苦悩をくぐり抜けて完成されるのである。

人が何かをするには二つの理由がある。
人聞きのよい理由と本当の理由である。

人が出来ることすべてをしないなら、そのうち、しなければならないことすら出来なくなる。

明確な目的があれば、起伏の多い道でも前進できる。
目的がないと、平坦な道でも前進できない。

人生で最も大切なことは、はるか彼方にあるものを見ようとすることではなく、目の前にはっきり見えるものをきちんと実行することだ。

タイトルとURLをコピーしました