ヘレン・ケラーの名言

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ヘレン・ケラーの名言12選

ヘレン・ケラー(作家、教育家)
アメリカ・アラバマ州生まれ。
視覚と聴覚の重複障害がありながら、世界各国を訪問し、障害者の教育と福祉の発展に貢献する。

人生はどちらかです。
勇気をもって挑むか、棒にふるか。

大きな目標があるのに、小さなことにこだわるのは愚かです。

元気を出しなさい。
今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

うつむいてはいけない。
いつも頭を高くあげていなさい。
世の中を真っ正面から見つめなさい。

もしこの世の中に喜びしか存在しなかったなら、私たちは決して勇気と忍耐を学ぶことはできません。

悲しみと苦しみは、やがて、思いやりの花を咲かせる。

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。

この世界で最も美しいものは見えたり聞こえたりするものじゃなく、心で感じるものなんじゃないでしょうか。

光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い。

ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く。
しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない。

顔を太陽の方に向けていなさい。
そうすれば影が見えないから。

自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

タイトルとURLをコピーしました