疲れたときに響く名言

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

疲れたときに響く名言10選

心のリフレッシュが必要なときに響く名言を集めてみました。あなたの心に響く名言が見つかりますように。

何も出来ない日や時には、
後になって楽しめないようなものを作ろうとするより、
ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方がいい。

ゲーテ
(詩人、劇作家、小説家、自然科学者)

よい記憶力は素晴らしいが、忘れる能力はいっそう偉大である。

エルバート・ハバード
(作家)

悩みはあって当たり前。
それは生きている証であり、常に反省している証拠でもある。

松下幸之助
(パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者)

疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。
人は決してそう遠くへは行くまい。

イワン・ツルゲーネフ
(作家)

何もかもが変わっていく瞬間があります。
今まで嘆いていたことが突然どうでもいいことに思えてくるのです。

アイリス・マードック
(哲学者・作家・詩人)

苦労から抜け出したいなら、肩の力を抜くことを覚えなさい。

斎藤茂太
(精神科医)

あなたのまわりにいまだ残されているすべての美しいもののことを考え、
楽しい気持ちでいましょう。

アンネ・フランク
(『アンネの日記』の著者)

今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

シェイクスピア
(劇作家、詩人)

うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。
世の中を真っ正面から見つめなさい。

ヘレン・ケラー
(作家)

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。

アルベルト・アインシュタイン
(理論物理学者)

タイトルとURLをコピーしました