【競泳】本田灯の学歴は? 出身中学・高校・大学を調査してみた!

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

パリ2024オリンピックの競泳男子バタフライ代表に内定した本田灯(ほんだ ともる)さん。
2大会連続出場となるオリンピックでの活躍が期待されます。
今回は、応援する本多選手のことをもっと知るために学歴を調べてみました。

本田灯選手の学歴

  • 中学 鶴見大学付属中学校 2017年3月卒業
  • 高校 日本大学藤沢高等学校 2020年3月卒業
  • 大学 日本大学 スポーツ科学部 2024年3月卒業

横浜市出身の本田灯選手。
地元の鶴見大学付属中学校を卒業。

横浜市にある私立の中学校ですね。
禅の教えに基づいた教育を実践しているそうです。

高校は日本大学藤沢高等学校へ

鶴見大学付属中学校を卒業後、日本大学藤沢高等学校へ進学。

神奈川県藤沢市にある私立の高校ですね。
1949年に創立されたそうです。

大学は日本大学へ

日本大学藤沢高等学校を卒業後、日本大学 スポーツ科学部へ進学。
2024年3月に卒業。

日本大学での学びを糧に本多灯選手は世界に羽ばたく
3月25日。冷たい雨が降りしきる中、約16000人もの学生が卒業を迎えた。そのなかに、パリ五輪への挑戦権を懸けた戦いを終えたばかりの本多灯選手(スポーツ科学部・4年)がいた。本多選手は何を学び、何を得て、世界に羽ばたくのか。濃密な時間を過ご...

日本大学には、パリオリンピック日本代表に内定している寺門弦輝選手・柳本幸之介選手が在学中。
また、卒業生の池江璃花子選手・小堀倭加選手・眞野秀成選手も日本代表に内定。

2024パリオリンピック日本代表選手決定 – 日本大学水泳部

2大会連続のオリンピックへ

東京2020オリンピックに出場した本多選手。
男子200mバタフライにおいて銀メダルを獲得!

パリ2024オリンピックの代表にも内定し、2大会連続のメダル獲得が期待されます。

本多灯 東京五輪銀の“本命”200Mバタフライで五輪切符!2位も悲願五輪金へ「価値ある負け」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
「競泳・パリ五輪代表選考会」(21日、東京アクアティクスセンター)  男子200メートルバタフライ決勝が行われた。2月の世界選手権金メダルの本多灯(イトマン東京)が、1分54秒18の2位。1位の

プロフィール

氏名本多 灯(ほんだ ともる)
生年月日2001年12月31日
出身地神奈川県
所属イトマン東進
(2024年5月現在)

主な戦績

2019年 世界ジュニア選手権 200mバタフライ2位
2020年 日本選手権 200mバタフライ1位
2021年 日本選手権 200mバタフライ1位
      東京オリンピック 200mバタフライ2位
2022年 日本選手権 200mバタフライ1位
2023年 日本選手権 200mバタフライ1位
      世界選手権 200mバタフライ3位
2024年 世界選手権 200mバタフライ1位

タイトルとURLをコピーしました