リンカンの名言

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

リンカンの名言15選

エイブラハム・リンカン(政治家、弁護士)
第16代アメリカ合衆国大統領。
「奴隷解放の父」と呼ばれ「人民の人民による人民のための政治」で有名なゲティスバーグ演説を行う。そんな彼が残した名言を幾つか紹介したいと思います。

出来ると決断することだ。方法は後から見つければいいのだ。

もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。

待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、
それは努力した人達の残り物だけである。

誰かが成功をおさめることが出来たということは、他の人にも同じ事ができるという証明である。

準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ。

今日出来ることを、明日に残すな。

何歳まで生きたかは重要ではない。いかにして生きたかが重要だ。

あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ。

今日責任から逃れることによって、明日の責任から逃れることはできない。

自分でできることやすべきことをその人の代わりにしてあげても本当の助けにはならない。

他人の自由を否定する者は、自らも自由になる資格はない。

未来の一番いいところは、一度に一日しかやってこないことだ。

もし相手を自分の意見に賛成させたければ、まず諸君が彼の味方だとわからせることだ。

人間は、たとえ相手が自分の一番関心のある目標に導いてくれる指導者であっても、自分の気持ちを理解してくれない者には、ついて行かない。

この悲しい世界では、不幸は皆に訪れる。
その場合、ひどい苦しみを伴うことがある。
完全に癒すことができるのは、時をおいて他にはない。

タイトルとURLをコピーしました