松下幸之助の名言

※アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

松下幸之助の名言20選

松下幸之助は、パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者であり、日本を代表する経営者の一人です。経営の神様と呼ばれる松下幸之助の名言を紹介します。

どんなに悔いても過去は変わらない。
どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
いま、現在に最善を尽くすことである。

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい
「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。

失敗すればやり直せばいい。
やり直してダメなら、もう一度工夫し、もう一度やり直せばいい。

石の上にも三年という。
しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。

悩みはあって当たり前。それは生きている証であり、常に反省している証拠でもある。

人を使うには、ほめて使う、叱って使う、批判して使うなどいろいろあるが、
ほめて使う人が概して成功している。

運が良かったという人は、周りの人に助けられてきたという感謝の気持ちのある人で、
たとえ逆境に陥っても前向きに取り組める人物だ。

楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある。

普通の努力ではチャンスをチャンスと見極められない。
熱心の上に熱心であることが見極める眼を開く。

苦しかったらやめればいい、無理をしてはならない。
無理をしないといけないのはレベルが低い証拠。真剣に生きる人ほど無理はしない。
無理をしないというのは消極的な意味ではない。願いはするが無理はしない。
努力はしても天命に従う。これが疲れないコツである

山は西からも東からでも登れる。
自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。
最後の最後まで諦めてはいけないのである。

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。
けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、
もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

部下に大いに働いてもらうコツの一つは、部下が働こうとするのを、
邪魔しないようにするということだ。

万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。

無限に発展する道はいくらでもある。要はその道を探し出す努力である。

志を立てるのに、老いも若きもない。
そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

逆境もよし、順境もよし。要はその与えられた境遇を素直に生き抜くことである。

こけたら、立ちなはれ

タイトルとURLをコピーしました